給湯器のトラブルはすぐに水道修理業者へ連絡をする

水回りのトラブルで、使えなくなると困るものの一つが給湯器です。これは単に水が出てくるというような単純な器具ではなく、ガスを使っていたり電気を使っていたりして、内部は複雑な器具です。それゆえいくら電気系統の器具に強いといっても、自分で直そうとして下手に手を出すべきではありません。ガスを使っていればガス漏れの事故につながりますし、電気は感電の恐れも出てきます。そのため、まず給湯器に不具合が生じた時には、ごく簡単なことだけをチェックして、速やかに給湯器専門の水道修理業者に依頼するのが賢明なやり方です。

■給湯器における水漏れの原因

給湯器のトラブルで最も多いのが水漏れです。それではこの水漏れは何が原因で起こるのでしょうか。まず大きな原因の一つは、経年劣化による破損です。古い給湯器が水漏れを起こすことはよく知られていますが、これは内部にあるゴムが劣化して、水の流れを止められなくなっているからです。ゴムは車のタイヤなどと同じように、年数を経るに従って固くなり、柔軟性がなくなってきます。そして、柔軟性がなくなったゴムの隙間から水が漏れ出してくるのです。
次に多いトラブルは、給湯器内部にある金属管の劣化による水漏れです。古い給湯器は、内部の金属管も劣化して錆びてきます。このサビが管内部を傷つけ、しまいには水漏れを起こしてしまうのです。
自分で直せるトラブルもあります。それは給湯器の下についている水抜き栓から水が出ている場合です。これは水抜き栓が緩んでいることが考えられますので、この栓をきちんと止めることで水漏れを止められることがあります。ただし、それでも止まらない場合は、他の原因が考えられます。

■長い間使用していない給湯器は注意しよう

給湯器は、たとえ新しいものであっても長期間使用していないと、壊れていて水漏れを起こすことがあります。たとえば寒い地方などでは、真冬に使わないままの給湯器をそのままにしておくと、中に残っていた水が凍り、そのせいで給湯器自体を壊してしまう事態が発生します。こんな時には業者に修理を頼むようにしましょう。
また、給湯器の耐用年数も知っておくと便利です。大体どのメーカーのものでも約10年から15年程度です。ですから使用し始めてから10年以上経過してから起こる水漏れは、耐用年数が過ぎている可能性があるので、この場合は修理をあきらめて新しいものとの交換を考えるべきでしょう。

■まとめ
給湯器はメーカーによってさまざまな機種があり、それぞれ独自の工夫を凝らしています。さらに、ガスや電気を使う器具ですので、素人が修理をしようとすると危険でもあります。そのため水漏れなどのトラブルに見舞われたら、自分で給湯器 修理しようとはせずに速やかに水道修理業者に連絡をしましょう。下手に手を出してバルブなどを壊してしまうと、温水が噴射したり、水が止まらなくなったりと、手に負えなくなることもあるのです。たとえ簡単なように思えても、自重して専門家の判断に任せることが、一番正しい方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ