給湯器が壊れたら水道修理業者に修理依頼するのか、交換が良いのか

給湯器がすでに耐用年数を過ぎていたら、迷わず新しいものに交換すべきです。これはたとえ内部のゴムパッキンの劣化が原因であっても、そのゴムパッキンを交換しただけで良いというものではないからです。つまり、使用開始から相当年数を経ている場合は、給湯器全体が劣化していると考える必要があるということです。これは単にゴムパッキンだけの問題ではなく、今後様々な箇所から不具合が生じてくるということを意味しています。ただし、それほど年数が過ぎていなくてトラブルを起こした場合、そのトラブルの内容によっては交換した方が良いのか、修理で済ませて大丈夫なのか、判断が分かれることもあります。

■給湯器トラブルのサイン

給湯器は、それぞれの場合に応じてさまざまなトラブルを引き起こします。まず、給湯温度が一定しないことが挙げられます。例えば、家の中の別な場所でお湯を出していたりすると、給湯器のお湯の温度が急激に下がったりします。これは違う場所で同時にお湯を使用したために起こったことで、特にトラブルではないので問題はないのですが、もしそうでない場合は、何かのトラブルが発生していることが考えられます。次に給湯器内部からいつもと違う異音がする場合です。通常は火がつく音やお湯が流れてくる音などさまざまな音がするものですが、そうではない聞きなれない音の場合は注意が必要です。
熱いお湯が出てこないのもトラブルのサインである可能性があります。これは内部の金具の不具合でお湯の温度が上がらないことが多くなります。
給湯器からの煙も注意が必要です。これは白い煙なら水蒸気ですので問題はありませんが、もし黒い煙ならば内部で不完全燃焼が発生している恐れがあります。不完全燃焼の黒煙は、放っておくと危険ですので速やかに処置しましょう。

■修理が良いのか交換が良いのか

給湯器は耐用年数が過ぎていたら迷わず交換すべきですが、もしトラブルの内容が温度の急激な変化の場合は専門の水道修理業者に見てもらい、修理が可能ならば修理をしてもらうと良いでしょう。異音の場合も同様で、これも業者の判断に委ねられます。熱いお湯が出てこない場合は、内部の金具を交換することで直ることもありますので、これは修理で済む可能性が高いです。問題は黒煙です。この場合は給湯器自体の寿命が来ていることが考えられます。専門業者との相談になりますが、点検してもらって修理なのか、交換なのかの判断になります。

■まとめ
水道関係のトラブルの中でも、とりわけ難しいのは給湯器です。これは何度も述べている通り、素人には手を出しづらい難しい器具であり、下手に手を出すと大事故につながりかねない危険があるからです。給湯器の場合は、そのトラブルが長期間使用していないために起こる単なる一過性のものなのか、あるいは内部の故障によるものなのかによって判断は分かれてきます。そして、内部の故障でもゴムパッキンの交換で済む場合もあれば、部品ごとの交換、あるいは新品への給湯器 交換を余儀なくされる場合もあります。ともあれ、トラブルが起きたらまずは専門業者へ相談をして、その上で判断をするのが一番良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ